Stinger5でアドセンスを全ての記事上(タイトル下)と記事下に簡単に設定する方法。

アドセンスの位置を変更したい… でもPHPやCSSの編集はしたくない…

Stingerでアドセンスの位置を調整したいことってありますよね。

Stingerでは初心者向けに「ウィジェット」で簡単にアドセンスを設定できるようになっています。

st1

 

設定してみると(下図赤枠)のように、記事下にアドセンスが2つ表示されるようになります。

st2

でも、Facebookコメントや著者表示などをプラグインで表示(上図緑枠)させてしまうと、その下に表示されてしまい、広告の効果が薄くなってしまいます。

できれば、記事のすぐ下に表示させたいところです。

さらに、ブログの早期離脱者のために、記事(上図青枠)の上で、タイトル(上図ピンク枠)の下にもアドセンスを表示させたいですよね。

 

「Adman」プラグインで超簡単にアドセンス設置

そこで今回、その位置に超簡単に表示する方法を紹介します。

よくあるStingerテーマのPHPやCSSを編集しましょうという初心者にはハードルが高い方法ではなく、プラグインを使ってやる簡単な内容です。

まず、「ウィジェット」からStinger専用の記事下のアドセンス広告「Googleアドセンス用336px」のテキストを削除しておきます。

そして、WordPressの「プラグイン >> 新規追加」から「Adman」を見つけてインストール(有効化)します。

st3

続いて、「設定 >> Adman」を開き、下図(赤枠)のように2箇所表示したいアドセンスのコードを貼り付けます。

※上側が記事上、下側が記事下です。 ※ちなみに、赤枠の間に貼り付けると記事中に表示されます。

そして、「Update Options」をクリックして保存します。

st5

これで、ウェブサイトを確認してみると、アドセンスの位置(下図赤枠)が記事(下図青枠)の上と記事(下図青枠)の下になっているはずです。

st6

なお、この「Adman」プラグインは、全ての記事に適用されるため、他の記事を見てもちゃんと設置されているはずです。

どうですか? とっても簡単ですよね。

ちなみに、Stingerは記事下に自動でアドセンスが2つ表示される仕様になっています。

もし同じように2つ表示させたい場合は、「Adman」に同じコードを2回貼り付ければOKです。

ただし、Googleアドセンスは1ページ中に最大3つまでという規約があるので、全体で3つを超えないように気をつけてください。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり




Pocket

名古屋の難しい言葉を使わないIT・WEBコンサルタント 愛知県を中心に、初心者向けIT・WEB活用の支援をやっています。WEB・ITによる業務効率化、ホームページ作成、VBAマクロ作成、各種IT・WEBセミナーが得意です。

カテゴリー: Stinger, 広告