Gmailで古いメールを検索する方法(日付指定検索)

Gmailの日付指定検索

Gmailの日付指定検索

Gmailで、古いメールを見つけるのが面倒ってことありませんか?

たとえば、WEBサービスのユーザアカウントを忘れてしまって、登録時のメールからアカウント名を調べようと思ったら、そのWEBサービスから日々届くメルマガのおかげで、検索結果が何百件をなって、見つけるのが面倒だったとか。

そんなとき、検索結果ページを次ページに切り替えていくのは結構時間がかかります。

そこで覚えておきたいGmailで日付を指定して検索する方法。

例えば、「ウヒヒサーバー」というキーワードを含む「2013年1月1日以前」に受信したメールを検索したいときにはこのように検索窓に入力します。

うひひサーバー before:2013/1/1

これで検索結果が2013年1月1日以前になります。

他に、例えば2013年1月1日以前で、2012年12月1日以降に受信したメールを検索したいときには、こんな感じです。

うひひサーバー before:2013/1/1 after:2012/12/1

これで検索結果が2013年1月1日以前で、2012年12月1日以降となります。

以前のメールを検索することって結構ありますので、この時期を指定する方法を覚えておくと便利だと思います。

GmailのようなWEBメールサービスって、WEBという特性上操作性が不便なことって結構ありますよね。。。

参考になれば嬉しいです。

カテゴリー: メール タグ: , , ,

EXCELを仕事にしている人が教える、実際によく使っているEXCELショートカット【超初心者編】

excel_shortcut

結局よく使うショートカットは限られている

EXCELのショートカットでググると、EXCELショートカット集とか出てきますが、正直ここに一覧されている全部を覚えようと思うとほとんど覚えられません。

結局、一般的な仕事をしているときに使うコマンドは限られているので、頻繁に使うコマンドのショートカットだけ覚えるべきです。

そこで、EXCELを仕事にしている私が、「実際によく使っているショートカット」を厳選しました。

中にはEXCELだけじゃない(Windows標準、Office標準の)ショートカットもありますが、その説明をすると面倒なのであまり気にしないでください。

では、紹介していきます。

コピペ系

Ctrl + c
選択しているセルをコピーします。
利用頻度:高い 通称:コピー(コピ) 覚え方:cはcopyのc

Ctrl + x
選択しているセルを切り取ります。
利用頻度:高い 通称:カット(切り取り) 覚え方:xはハサミマークのx

Ctrl + v
コピーしたセルを貼り付けます。
利用頻度:高い 通称:ペースト(ペ) 覚え方:cコピーの隣のv

Ctrl + d
選択しているセルの上のセルをコピー貼り付けします。
利用頻度:たまに 通称:上に同じ 覚え方:dはdownのd

Ctrl + r
選択しているセルの左のセルをコピー貼り付けします。
利用頻度:たまに 通称:左に同じ 覚え方:dはdownのd

選択系

Ctrl + a
全てのセルを選択します。
利用頻度:たまに 通称:全選択 覚え方:aはallのa

一般系

Ctrl + s
アクティブ(操作中)のEXCELファイルを保存します。
利用頻度:激高 通称:保存(セーブ) 覚え方:sはsaveのs

Ctrl + z
1つ前の操作を取り消します。
利用頻度:激高 通称:アンドゥ 覚え方:zは前回に戻るのz

Ctrl + f
EXCEL内で検索します。
利用頻度:ぼちぼち 通称:検索 覚え方:fはfindのf

文字装飾系

Ctrl + b
選択しているセルの文字を太くします。
利用頻度:高い 通称:太字 覚え方:bはぶっとくのb

Ctrl + u
選択しているセルの文字に下線を引きます。
利用頻度:たまに 通称:下線 覚え方:uはunderlineのu

Ctrl + i
選択しているセルの文字を斜体にします。
利用頻度:たまに 通称:斜体 覚え方:iはイタリックのi

Ctrl + 5
選択しているセルの文字に打ち消し線を引きます。
利用頻度:たまに 通称:打ち消し線 覚え方:5は誤字の5

Ctrl + 1
選択しているセルの書式設定プロパティを開きます。
利用頻度:激高 通称:書式設定 覚え方:1は色々変えたいの1

 

どうでしょうか?

ほとんど知っているショートカットだったらごめんなさい。

他にも色々ありますが、正直これだけ覚えておけばイケてるビジネスマンです。

やたらショートカットばかり使う人もいますが、やりすぎると周りの女子社員から「なにこいつ、ちょっとキモイ」的な目で見られるのでほどほどがおすすめです。

今回紹介したショートカットをぜひ活用して、仕事を効率化してください。

カテゴリー: Excel タグ: , ,

エクセル関数で列の番号でなく、列のアルファベットを取得する方法

関数で列のアルファベットを入力
関数で列のアルファベットを入力

関数で列のアルファベットを入力

エクセルで列番号を取得するのはCOLUMUN関数で簡単にできるが、数値じゃなくてアルファベットを取得する方法って分かりませんよね。。。

そこで、ネットでそんな関数がないか調べてみたところ、あるにはあるが結構面倒な処理が多かったので、仕方なく自分で考えてみた。

いい感じにできたと思ったのでブログに残します。
結構スマートな方法ではないかと思います。

 

セルの列をアルファベット(だけを)取得する関数

まず、汎用性は無いが簡単な方法

=LEFT(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1),1)

【解説】 ~セル”A17”に入力した場合~

  1. ADDRESS関数でセルの行列を取得
    ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1)
    → 結果:A17
  2. LEFT関数で左から必要なアルファベット(1文字)のみ取得
    LEFT(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1),1)
    → 結果:A ※”A17”の左から1文字

今回のように列がA~Zなら最後の桁数を1にすればOKですが、列がAA~ZZなら最後の桁数を2にする必要があります。

アルファベットの文字数を決め打ちなので、もし列がZからAAに移動した場合などで対応できない弱さはありますが、移動しない前提ならこれでもOKだと思います。

次に、汎用性が高いが少し面倒な方法

=LEFT(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1),LEN(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1))-LEN(ROW()))

【解説】 ~セル”BN31”に入力した場合~

  1. ADDRESS関数でセルの行列を取得
    ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1)
    → 結果:BN31
  2. 不要な行の数字(31)を削除するために、LEN関数で行の文字数を取得
    LEN(ROW())
    → 結果:2 ※ROW()の結果は”31”だから、LENの結果は2文字
  3. 行列(BN31)の文字数をLEN関数で取得
    LEN(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1))
    → 結果:4 ※ADDRESSの結果が”BN31”だから、LENの結果は4文字
  4. LEFT関数で左から必要なアルファベットのみ取得
    LEFT(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1),LEN(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1))-LEN(ROW()))
    → 結果:BN ※”BN31”の左からアルファベットの文字数(行列の文字数-行の文字数)

このように、LENで取得する文字列を行列の文字数に応じて変動するようにしてあげることで、汎用性の高い使い方ができると思います。

なお、EXCEL VBAでも列のアルファベットと簡単に取得する方法ないので、この関数と組み合わせてやると便利だと思います。

参考になれば嬉しいです。

 

※追記※

もっとスマートなやり方をHikaru Kiyunaさんが教えてくれたので、ご紹介します!

tmp00023

=SUBSTITUTE(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4),ROW(),)

不要な数字をブランクに置き換えることで実現しています。

【解説】 ~セル”BN31”に入力した場合~

  1. ADDRESS関数でセルの行列を取得
    ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1)
    → 結果:BN31
  2. 不要な行の数字(31)を削除するために、SUBSTITUTE関数でブランクに置き換え
    SUBSTITUTE(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4),ROW(),)
    SUBSTITUTE(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4),ROW(),””) ←ブランクを””と明示化してもOK
    → 結果:BN ※”BN31”
    からROW()の結果である”31″を””に置き換える

実にスマートなやり方ですね。

Hikaru Kiyunaさん、ありがとうございます!

カテゴリー: Excel タグ: , , , ,

WordPressのCSSを直接編集せずに追加上書きできるプラグイン。

Simple Custom CSS
Simple Custom CSS

Simple Custom CSS

最近のワードプレスのテーマは、テーマ編集から直接CSSを編集しなくても、「カスタムCSS(Custom CSS)」メニューから追加上書きできるようになってきました。

ですが、まだカスタムCSSメニューが無くて、テーマ編集から直接CSSを編集しないといけないテーマも多く存在します。

もちろん、外部CSSの読み込みファイルを別途用意してあげて、それを読み込むようにしてやれば解決できる問題なのですが、そうはいってもそれを素人に毛が生えたレベルのワードプレスユーザが設定するのは少しレベルが高いと思います。

そこで、カスタムCSSを追加できるプラグインがないかと探してみたところ、やっぱりありました。

Simple Custom CSS

このプラグインを追加してやることで、メニューの外観に「Custom CSS」が追加され、そこでCSSを追記することができます。

これまでテーマを直接編集していた人には、ありがたいプラグインですね。

 

カテゴリー: WordPress タグ: , , , ,

VBAのSendkeyでEnterキーが効かない(押せない)場合。

SendkeyでEnterが押せない...
SendkeyでEnterが押せない...

SendkeyでEnterが押せない…

VBAのオブジェクト操作で、ピンチの時にお世話になるのが「Sendkey」コマンド。

VBAによるIE操作などやっていると、痒いところに手が届かず、仕方なく使うこともあるのではないでしょうか?

そこで、たまに問題になるのが .Sendkeys “{ENTER}” で「Enterキー」を送ったのにボタンが押されないこと。

私も、ハマッたことあります。。。

そんな時は、 .Sendkeys “{ENTER}”  を .Sendkeys “~” (チルダ)に変えてみてください。

もしかしたら、これで動くようになるかもしれません。

これは .Sendkeys “{ENTER}”  は「テンキー側のENTERキー」を押しているため、NumLockが押してない場合には押せなくなってしまい、もう一方の .Sendkeys “~” は、「メイン側?のENTERキー」を押しているため、NumLockに関係なく押せると理解しています。(予測)

何にせよ、もし .Sendkeys “{ENTER}” が押せないことがあれば、「{ENTER}」部分を「~」チルダに変えて試してみてください。

これを見て、同じように問題解決する人が1人でもいれば嬉しいです。

カテゴリー: マクロ(VBA) タグ: , , ,

Excel2010でマクロ(VBA)が遅い・重たい・止まる。

Microsoftサポート
Microsoftサポート

Microsoftサポート

Excel2010作成したマクロ(VBA)を実行すると、処理が急に遅くなる。。。 一体なぜ?

取りあえずググってみたところ、何でも原因はWindows7 + Excel2010の環境で発生する「Micorosoftさんの不具合」のようです(汗)

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 環境の Excel 2010 または Word 2010 で、連続したマクロ処理を実行するとマクロが停止する場合がある

 

しかも、現時点(2014年4月現在)で、まだ原因調査中で改善していないようです(汗)

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

 

Microsoftさんが提唱している回避方法は以下の通りですが、私の場合は全部試してみましたが改善しませんでした(泣)
※多くの方は、下記「方法2」のDoEventsを入れることで解決するみたいです。

方法 1 : Microsoft Office IME 2010 の代わりに、Windows OS 標準の Microsoft IME を使用する

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 に標準でインストールされている Microsoft IME を使用してください。

Microsoft IME を使用するには、以下の手順を実行してください。
[スタート] ボタンをクリックし、[コントロールパネル] をクリックします。
[時計、言語、および地域] をクリックします。
[キーボードまたは入力方法の変更] をクリックします。
[キーボードの変更] ボタンをクリックします。
[テキスト サービスと入力言語] 画面の [既定の言語] で、[日本語 (日本) – Microsoft IME] をクリックし、[OK] をクリックします。

補足 :
[既定の言語] で [日本語 (日本) – Microsoft IME] が表示されない場合は、[追加] ボタンをクリックし、[入力言語の追加] 画面のリストから [日本語 (日本)] をクリックして、[Microsoft IME] のチェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。その後、手順 5 を実行します。
Microsoft IME を使用することで現象が回避する場合、累積的な更新プログラム 2687611 を適用することで Microsoft Office IME 2010 の問題が修正され、問題を回避できる可能性があります。

方法 2 : DoEvents 関数をマクロ内に挿入する

DoEvents 関数を使用することで、VBA 処理中でも一度 OS に対し制御を戻すことができます。ファイルを開く、ファイルを閉じるなどの連続処理中に OS に処理を戻すことでハンドル解放処理が行われ現象が回避されます。

ループで連続処理を行っている場合は、ある一定の頻度で DoEvents 関数を実行してください。 たとえば、10 回のループ毎に、DoEvents 関数 を 1 回実行することで問題なく動作します。

方法 3 : マクロの連続処理を実行中はウィンドウを非表示する

ファイルを開く、ファイルを閉じるなどのマクロによる連続処理を行う前に、マクロを使用して Excel 2010 または Word 2010 のウィンドウを非表示にしてください。

方法 4 : マクロ開始後に [メモ帳] や [Windows エクスプローラー] など別ウィンドウにフォーカスを移動する

ファイルを開く、ファイルを閉じるなどのマクロによる連続処理を開始後に、実行中の Excel 2010 または Word 2010 以外のウィンドウ ([メモ帳] や [Windows エクスプローラー] など) をクリックしてフォーカスを移動させてください。

 

未だに原因調査中のところから、このまま解決しないまま放置されるのでは。。。
同様の問題が発生しないバージョン(Excel2013)も既に出ているわけですし、そんな気がしてなりません。

ですが、Windows7を購入したときに標準で2010がついてくる時期だったので、
Windows7 + Excel2010を使っている企業さんは結構多いと思います。

実際、最近お手伝いした企業さんもメインで使っている端末環境はWindows7でExcelは2010とのことでした。

お客様には、そういう不具合があることを理解してもらった上で開発を請け負わないと、
後になってトラブルが発生するかもしれないので注意が必要です。

Excel2007や2013ではサクサク処理できるので、最悪その環境を準備してもらうしかないですね。

うーん、早く改善してもらいたいものです。

カテゴリー: Excel, マクロ(VBA) タグ: , , , , ,

突然、Gmailからさくらサーバ経由でメール送信できなくなった。

Gmailエラー
Delivery to the following recipient failed permanently:       xxxxxx@xxxxx.jp  Technical details of permanent failure: Google tried to deliver your message, but it was rejected by the relay potentialize.jp by potentialize.jp. [182.48.49.19].  The error that the other server returned was: 550 5.7.1 <xxxxxxxxxxxxx@potentialize.jp>... Command rejected

Gmailエラー

本日、3月19日にGmailを使ってさくらサーバ経由で独自ドメインのメールを送信しようと思ったら下記エラーで送信できない。。。

昨日まで全く問題なく送信できていたのに、なぜ???

少し前も相手がGmailだと送れないなどの問題があったが、今回はどこの宛先に送ってもエラー。。。

これは根本的な問題だと思いさくらサーバの設定をチェックしてみたところ、本日より海外IPアドレスからのアクセスを制限する設定が多くのメールサーバで「有効」になったようです。

そこで、その項目を「無効」にして再度メール送信の確認をしてみたところ、全く問題なくメール送信できました。

やはり、この設定が原因だったようです。

おそらく、Gmail(Google)のサーバからさくらサーバを経由したときに、海外IPアドレスでブロックされたということだと思います。

いやぁ、すぐに解決したので良かったですが、肝を冷やしました。。。

Gmail+さくらサーバという組み合わせでメールを使っている人も結構いると思いますので、多くの人が焦ったかと予想されます。

Gmailを使うと便利ですが、どうしてもワンクッション経由することになるので、予期せぬ問題もありますね。

利便性か確実性か。。。 悩まし問題です。

カテゴリー: メール タグ: , , , , ,

Facebookの「いいね!リクエスト」には気をつけろ! 不要な「いいね!」削除のすすめ!

「いいね!と言っています 広告
「いいね!と言っています 広告

「いいね!と言っています 広告

Facebookで友達から来る「いいね!リクエスト」は、
うかつに「いいね!」しないことをおすすめします。

それは、そのリクエストをしたFB友達が、あなたが押したその「いいね!」を、
「○○さんが△△のページに いいね! しています」という広告として、
利用することがあるからです。

もしその「いいね!」したFacebookページがあなたの関心がないものだったら、
関心がないものを「いいね!」していますという広告が友達に流れるということです。

その内容によっては、あなたは仲の良い友達からの信用を失うこともあるわけです。

例えば、Facebook上で知り合った人とFB友達となったとします。

その方から自分が関心のない「キャバクラのFacebookページ」への
「いいね!リクエスト」があり、あなたは少し抵抗がありながらも、
よく分からないけどFB友達だからという「善意」の思いで
「いいね!」をしたあげたとします。

それなのに、後日あなたの耳にこんな話が届くわけです。

「○○さん、Facebookでキャバクラをおすすめしてるけど、あれはなんですか?」…

「えっ???」…

これは、あなたが知らないところで、あなたの「いいね!」が利用され、
「あなたのおすすめ」としてキャバクラの広告を出されてしまったからです。

それにより、友達からは「キャバクラ好き」というレッテルを貼られ、
今まで築いた人間関係が崩れてしまいまうこともあるかもしれません。

この「いいね!しています広告」は、いいね!している本人には表示させず、
その友達だけにターゲットを絞って表示させることができるので、
広告を出されている本人は友達に指摘されるまで気づかないから恐ろしいのです。

知らず知らず、あなたの善意を広告の踏み台として利用している、
あくどいFacebook利用者がいます。

信用できない人からの「いいね!リクエスト」は、その内容を確認し、
「いいね!」できない内容であれば、キッパリと拒絶することをおすすめします。

そもそもそういった行為をする人は、商売目的であなたとFB友達になった人でしょう。

Facebookを楽しく利用するためにも、そんな人はFB友達削除してください。

「いいね!リクエスト」はあなたが思っている以上にリスクがありますので、
十分に考慮してからの「いいね!」をしてください。

なお、すでに「いいね!」してしまったFacebookページは、
自分のプロフィールページの「いいね!」欄から削除することができます。

広告に利用されていると気づいたFacebookページや、
関心がないFacebookページは、「いいね!を取り消す」ことをおすすめします。

 

不要な「いいね!」を取り消す

不要な「いいね!」を取り消す

カテゴリー: Facebook, 広告 タグ: , ,

Google著者表示が急に表示されなくなっている…

著者表示がなくなってる?
著者表示がなくなってる?

著者表示がなくなってる?

昨年?くらいからGoogle検索時に表示されていた著者表示(※1)ですが、
今日、自分のサイトを検索してみたら、表示されなくなっているではないですか…

※1…検索結果の左側にそのサイトの著者(管理人)が表示される機能

その原因を探るべく、ネットで色々と調べてみたとところ、
なんでもGoogleはここ数日で、著者表示を15%減らしたようです。

その減らす対象は、権威性や信頼性が高くない著者とのことです。

>> Google、検索結果から著者の顔写真表示を15%削減 – 低品質サイトが対象

確かに今まで、Google+ページと連携するだけで著者表示ができたため、
その権威性や信頼性は低かったと思います。

その簡単さを利用して、サイト作成者はSEO対策の方法の1つとして、
著者表示をさせて検索結果からクリックしてもらえる確率を上げていました。

本当に価値のあるサイトを表示することに力を入れているGoogleなので、
今回のこの処置は、然るべき対策だったと思います。

やはり、一時的な手法によるSEO対策は、すぐに対策されてしまうので、
実直にサイトのコンテンツ量と質に力を入れるべきだということです。

個人的に、自分のプロフィールが検索結果に表示されることが
著名人のようで嬉しかったので、今回の処置は残念ではありますが、
本当に価値のあるサイトを判断してもらうためには致し方ないと思います。

いずれは、著者としての表示される権威性や信頼性が高くなって、
価値のある著者として表示をされるようになりたいものです。

今回のように、一時的なSEO対策は、Googleは短期間で対策してきます。

ですから、間違っても「簡単にSEO対策で効果が出ます」という業者の
口車には乗せられないように気をつけて欲しいと思います。

今の時代、質を意識して、真面目にコツコツサイトを作っていくことが大切です。

カテゴリー: Uncategorized タグ: ,

事業用メールにGmailなどのフリーメールを使った場合の問題点。

Gmail
Gmail

Gmail

個人事業でGmailなどのフリーメールを使っている人を見かけますが、
そのメールアドレスを見た人は、それ見てどんな印象を抱くでしょうか?

多くの人が、本気で事業をやっているのかな?

まだ本腰を入れてやっていないのかか?

などと感じるのではないでしょうか。

それにより信用を失っていまい、仕事のチャンスを逃してしまったら、
とても勿体ないことだと思うわけです。

Gmailを abc@xyz.com のように独自ドメインのメールに変更すると
金額的にどのくらいかかると思いますか?

ざっと、年間で2,000円弱という、高校生でも払えるような金額です。

月間ではなく、年間で2,000円弱です。

そのたった数千円を節約して信用を失ってしまうのであれば、
損害は数千円では済まないはずです。

他にも金額は大したことないと分かっていても、
独自ドメインにするやりかたが分からないという理由だけで、
Gmailを使っている人もいます。

それもまた、同じように勿体ないことです。

もちろんビジネスは、フリーメールか独自ドメインメールによって
良し悪しを決めるものではありません。

ですが、フリーメールであるばっかりに信用が得られず、
良し悪しを判断する前に拒絶されてしまうこともあるわけです。

極端な話、相手が浮浪者のような格好をしていたら、
その人とビジネスをしたいと思わないことと同じことです。

お金が勿体ないから、よくやり方が分からないからという理由で、
もしフリーメールを使っているのであれば、できるだけ早く
独自ドメインのメールに変更することをおすすめします。

フリーメールだからという理由で機会を損失することがないように
まずは見た目をしっかりすることが大切です。

カテゴリー: メール タグ: , , ,
Top